編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

さくら、IaaS/ベアメタル/仮想専用サーバ/ハウジングのL2接続を可能に

羽野三千世 (編集部)

2016-09-20 16:57

 さくらインターネットは9月20日、異なるサービス間をローカルネットワークで接続する「ハイブリッド接続」の対象サービスに、10月3日から「さくらのVPS」(石狩第1ゾーン)を追加すると発表した。


さくらのクラウド、さくらの専用サーバ、ハウジング/リモートハウジングサービス、さくらのVPSをレイヤ2ネットワークでつなぐシステム構成が可能に

 ハイブリッド接続は、複数の異なるサービスをレイヤ2ネットワークで接続し同一セグメント化することで、仮想サーバと物理サーバのハイブリッド構成を可能にするサービス。これまでIaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」(石狩第1ゾーン/石狩第2ゾーン/東京第1ゾーン)、ホスティングサービス「さくらの専用サーバ」(石狩第1ゾーン/石狩第2ゾーン/東京第1ゾーン)、「ハウジングサービス」(東新宿データセンター/西新宿データセンター/代官山データセンター)、ハウジングサービスに必要な物理作業をすべて代行するコロケーションサービス「リモートハウジング」が対応していた。

 今回、仮想サーバとベアメタルの複数台構成が可能な仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」が新たに対応し、これでさくらのクラウド、さくらの専用サーバ、ハウジング/リモートハウジングサービス、さくらのVPSをつなぐシステム構成が実現できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]