編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

より高性能が必要--さくらインターネット、“高火力コンピューティング”に挑戦

NO BUDGET

2016-01-27 17:31

 さくらインターネットは1月26日、深層学習(ディープラーニング)など大量の計算資源を必要とする計算処理需要の高まりを受け、“高火力コンピューティング”をコンセプトとした演算能力に特化したサービスへの取り組みを開始すると発表した。

 現在、ディープラーニングや人工知能(AI)研究などへの注目が高まっており、大量の計算資源を必要とする技術分野での計算処理需要はますます増えていくと指摘されている。しかし、計算資源の共有を前提とする現在のクラウドコンピューティングは、仮想化と共有でハードウェアのピーク性能を引き出せないという課題があると説明している。

 そこで同社では、新しいハードウェアや技術を積極的に利用し、現在のクラウドサービスでは提供不可能な、絶対的な性能と圧倒的な自由度をもつサービスの提供に挑戦する。“高火力コンピューティング”と位置付け、高いコストパフォーマンスと高い性能の両立を実現していくとしている。

 “高火力コンピューティング”に関する取り組みの第一歩として、ディープラーニング分野に強みを持つというPreferred Networksと共同で、画像処理プロセッサ(GPU)をInfiniBandで接続する“GPUクラスタ”を構築する。

 Preferred Networksは、自然言語処理技術や機械学習技術分野で世界トップレベルの技術力と注目されるPreferred Infrastructureからスピンオフし、2014年3月に設立されたベンチャー企業。“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”にフォーカスしたリアルタイム機械学習技術のビジネス活用をメインにしている。

 さくらインターネットでは昨年秋よりGPUクラスタを構築しており、実運用してきたノウハウをもとに進めていく。

 高火力コンピューティングでは、GPUやInfinibandなど既存サービスでは対応の難しかったハードウェア環境はもちろん、極めて高性能な演算資源の提供を計画しており、GPU以外にも用途に応じて依然需要の大きいCPUを利用したサービス、高性能で大容量なストレージを搭載したサービスなどさまざまなラインアップで展開していく。正式サービスは今夏からの提供を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]