マイクロソフト、OneDriveとSharePoint Online同期機能のプレビュー版をリリース

Mary Jo Foley (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-28 13:18

 Microsoftはアトランタで開催中のイベント「Ignite」で、2016年初めに打ち出していた「SharePoint」と「OneDrive」の新機能の提供に向けた成果について、最新情報を伝えている。


提供:Microsoft

 新機能の1つが、SharePointとOneDriveの同期機能だ。Microsoftによると9月26日にプレビューとして公開されたという。

 プレビュー版ではあるが、同機能を利用してユーザーはSharePoint Onlineのドキュメントライブラリと、他のユーザーと共有するOneDriveフォルダを共有できる。OneDriveの同期クライアント向けに、ユーザーが同期とファイルのアクティビティーを一覧できる新しいアクティビティーセンターもプレビューとなった。

 Microsoftはまた、iOSとAndroid向けのOneDriveファイル共有の通知サービスと、Android版OneDriveアプリにあるSharePoint Onlineファイルへのアクセスの提供も開始した。

 「2015年にリリースしたOneDriveの同期クライアントに、SharePoint同期機能が加わり、より高いレベルの信頼性、性能、制御を提供する。特定のフォルダをオフラインにするなどの柔軟性もある。これにより、任意のOffice 365ファイルを簡単にオフラインにできる。また、レガシーの同期クライアント(groove.exe)からシームレスにアップグレードできるようにする」とMicrosoftは公式ブログで説明している。

 Microsoftはこの統合同期サービスを「数カ月で」First Release顧客に提供開始する予定だ。全顧客への提供が完了するのは2017年の第1四半期の見込みという。

 MicrosoftはIgniteで、次期「SharePoint Server 2016」のFeature Pack 1の詳細も明かした。初のFeature Packとなり、11月に提供する。

 以下が主な機能だ。

  • Central Administration内とWindows PowerShellで実行された管理アクションのログ
  • MinRoleでの小規模環境のサポート
  • 新しいOneDrive for Businessユーザー体験。SharePointアプリラウンチャーでのカスタムタイルのサポート
  • オンプレミスの各サイトとOffice 365における統合された監査
  • OneDrive API 2.0

 SharePoint ServerのFeature Pack 1は、Software Assurance(SA)を購入しているユーザーに提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]