編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

LinkedIn、勤務先に知られずに職探しできる新機能を追加--まず北米などで

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-10-07 11:48

 LinkedInは、転職の意思があることを勤務先に知られずに、採用担当者に密かに伝えることができる新機能「Open Candidates」を一部の国で追加した。

 LinkedInのキャリアプロダクトマネージャーを務めるDan Shapero氏は、米国時間10月6日に公開したブログで次のように述べている。「これまでに、上司に知られることなく仕事を見つけようとしたことのない人などいるだろうか。今なら、思いわずらうことなく、LinkedInを利用している採用担当者に密かに意思を示すことができる」


新機能「Open Candidates」により、採用担当者に密かに意思表示ができるようになった。
提供:LinkedIn

 4億5000万人の会員に提供されるこの最新機能は、LinkedInのPremiumサービスを利用する採用担当者しか閲覧できない。

 LinkedInによると、Open Candidatesは数カ月前からベータテストが行われており、100万人がすでに利用しているという。この機能は現在、米国、カナダ、英国、オーストラリアで提供されており、近いうちに世界中に提供される予定だ。

 従業員がOpen Candidatesを利用して就職活動をしていても雇用者にはわからないと保証しながらも、LinkedInは次のような免責事項を記載している。「就職活動中であることが現在の勤務先に分からない措置を講じているが、勤務先の企業と関連するすべての採用担当者を確認可能であることは保証できない」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]