編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
調査

農機の無人運転により市場拡大を予測--矢野経済研究所

NO BUDGET

2016-12-04 07:00

 矢野経済研究所は11月14日、ロボットやICTなどの連携により、超省力化や高品質生産などを可能にするについての「スマート農業」についての調査結果を公表した。


スマート農業国内市場規模推移と予測

 2015年度のスマート農業の国内市場規模は97億2400万円と推計された。内訳をみると、栽培支援ソリューションが30億6700万円(うち農業クラウド11億2500万円、複合環境制御装置14億2500万円、畜産向け生産支援ソリューション5億1700万円)となり、全体の約3割を占めた。他の分野では、販売支援ソリューションが9億7300万円、経営支援ソリューションが25億6300万円、精密農業が29億500万円(うちGPSガイダンスシステム10億500万円、自動操舵装置19億円)、農業用ロボットが2億1700万円となっている。

 今後のスマート農業市場規模推移については、2017年度頃までは栽培支援ソリューションが中心となり、2018年度以降は販売支援ソリューションや経営支援ソリューションが拡大する見通しだとした。その後、農機の無人運転を実現する精密農業が普及する見込みで、2022年度の同市場規模は331億8600万円まで拡大すると予測している。

 市場規模としては、栽培支援ソリューション(農業クラウド、複合環境制御装置、畜産向け生産支援ソリューション)、販売支援ソリューション、経営支援ソリューション、精密農業(GPSガイダンスシステム、自動操舵装置、車両型ロボットシステム)、農業用ロボットを対象として算出している。なお、農業向けPOSシステム、農機、農業用ドローン等は市場規模に含まない。

 調査では7~9月にかけて、スマート農業参入事業者や農業法人および関連団体、管轄官庁などに対し直接面談や電話・電子メール等によるヒアリングを実施、文献調査を併用した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]