JAあいち経済連、EAIツールによるデータ連携基盤を構築--システムオープン化受け

NO BUDGET 2016年03月28日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛知県経済農業協同組合連合会(JAあいち経済連)は、メインフレームからオープンシステムへの移行過程で企業アプリケーション統合(EAI)ツールを採用し、60個に及ぶシステムの一元管理を実現した。インフォテリアが3月25日に発表した。

 JAあいち経済連は、愛知県農業の発展と農家組合員の暮らしの向上に貢献することを使命とし、組合員の安定した経営を支えるべく、苗や肥料の供給、営農事業支援や販売企画、農産物の直販などを行っている。愛知県は自然条件、社会条件に恵まれて米、園芸産品、畜産物ともに全国有数の生産を誇っていることから、JAあいち経済連でも米穀部、園芸部、畜産部など多岐に渡る事業を手掛ける。

 JAあいち経済連では従来、事業活動を支える多様なシステムをメインフレーム(汎用機)で運用していたが、システムのオープン化を進める過程で、システム同士を1対1で繋げる形の連携ツールを導入してきた。しかし、オープン系サーバの数が増えたてきたことから連携スキームが複雑化、さらにはサーバごとに生じるライセンス費用などの管理が煩雑になっていたという。

 そこで、HUB型のデータ連携ツールとしてEAIツールを導入することを決定、特定ベンダーへの依存を排除できること、データハブとして一元管理が可能なこと、自社で連携構築が可能なこと、連携先の拡張性、データ連携の安定性などを重視した選定を進めた結果、インフォテリアの「ASTERIA WARP」を採用した。

 ASTERIA WARPは、異なるコンピュータシステムのデータを、ノンプログラミングで連携できるミドルウェア。メインフレームやクラウド上のサーバから表計算ソフトウェアまでの、さまざまなシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを、複雑なプログラミングなしで行えることが評価されたという。

 60個のシステムと会計システムとの連携の一元管理を実現したほか、個別サーバごとにライセンス管理(費用)が必要だったがASTERIAサーバライセンスに集約され、データの処理状況やシステムにかかる負荷状況の見える化が実現された。

オープン系移行後のシステム構成図
オープン系移行後のシステム構成図(インフォテリア提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算