調査

AI研究テーマ、日本は基礎研究と生産技術、米国は医療が急伸:アスタミューゼ

NO BUDGET 2016年12月04日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスタミューゼは11月18日、日本と米国の人工知能(AI)分野の研究テーマを比較調査した結果を公表した。比較したのは、日本の文部科学省による科学研究費助成事業(科研費)と、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation:NSF)から交付される競争的研究資金プログラムに採択された研究テーマ。アスタミューゼが独自の分析によりAI分野のみを抽出し、下表の5用途に分類して日米比較した。それによると、日本は米国に比べ、一般的に言われるように明確な用途に分類されない基礎研究の比率がより高く、用途別にみると生産技術分野などが高い比率にあるという。


本調査における、AIの用途および想定される製品・サービスの分類

 調査対象としたのは、科研費およびNSFにおける、研究開始年基準で2006年1月1日~2015年12月31日の期間の研究。AI分野全体の研究テーマ数は、科研費が1459件(2006~2015年)、NSFは2719件(2006~2015年)だった。このうち明確な用途に分類された研究テーマの件数をみると、科研費が522件(AI分野全体の36%)、NSFでは3536件(同133%)となった(複数用途に分類される研究テーマをカウントした上で合計しているため、AI分野全体の研究テーマ数とは一致しない)。このことから、日本では基礎研究の比率が高く、米国ではより用途の明確な実践的研究が活発であることが推測される。

 また、それぞれの年ごとの推移をみると、NSFがほぼ右肩上がりに伸びを見せているのに対し、科研費は2012年をピークに2014年にかけて落ち込みを見せ、2015年にやや復調していることが読み取れる(ただし、科研費の場合はデータの整備状況により、14年度・15年度の一部が集計外となっている場合がある)。



科研費(上)とNSF(下)の研究テーマ件数の推移(グラフ中の年次は研究開始年)

 用途別にみると、科研費では「生産技術」「コミュニケーション」が高い比率で推移しているほか、東日本大震災の翌年にあたる2012年には「地理・防災」が増加、2015年には「医療・ヘルスケア」が伸びを見せている。一方、NSFでは、IBMの「Watson」がクイズ番組で人間に勝利し(2011年)、ヘルスケアを注力分野として大学・研究機関との積極的な提携を展開しはじめた翌年の2012年から「医療・ヘルスケア」が急伸しているほか、「マーケティング」が順調な伸びを見せている点にも注目される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算