編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

MITの2016年、画で見る革新的なプロジェクト--折り紙ロボットにサイバー攻撃検知も

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-12-29 07:00

 2016年は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)にとって素晴らしい年だった。経口で体内に送り込める折り紙ロボットや予測する能力を持つAI、サイバー攻撃の検知などは、同研究所が進めている革新的な研究の一部にすぎない。

経口で体内に送り込める折り紙ロボット

 CSAILの2016年は、計算機科学、人工知能(AI)、ネットワーク技術、ロボット工学、宇宙工学などを中心に、さまざまな前進を成し遂げた忙しい1年だった。

 同研究所の成果でまず目に止まるのは、経口で体内に送り込める「折り紙」ロボットだ。このロボットは、体内に入ると消化器官中を移動して、怪我をパッチで塞いだり、薬を投与するなどの作業を行うことができる。このロボットは、侵襲的な治療の必要性を減らせる可能性がある。

 2016年は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)にとって素晴らしい年だった。経口で体内に送り込める折り紙ロボットや予測する能力を持つAI、サイバー攻撃の検知などは、同研究所が進めている革新的な研究の一部にすぎない。

経口で体内に送り込める折り紙ロボット

 CSAILの2016年は、計算機科学、人工知能(AI)、ネットワーク技術、ロボット工学、宇宙工学などを中心に、さまざまな前進を成し遂げた忙しい1年だった。

 同研究所の成果でまず目に止まるのは、経口で体内に送り込める「折り紙」ロボットだ。このロボットは、体内に入ると消化器官中を移動して、怪我をパッチで塞いだり、薬を投与するなどの作業を行うことができる。このロボットは、侵襲的な治療の必要性を減らせる可能性がある。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]