編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Z会、障害で受講受付を停止--1月稼働の新システムに不具合

怒賀新也 (編集部)

2017-01-30 11:31

 通信教育を手掛けるZ会が、システム障害により、幼児から高校受験まで幅広く新規受講申し込みの受付を停止している。また2月開校の中学受験コースなどで実施する予定である、生徒の学力などに応じた教材の配布やタブレットへの配信も、現在はサービス内容とは異なる教材で対応している。原因の究明と復旧に向けて準備中とのこと。

 ZDNet Japanの取材によると、システム障害が起きたのは、生徒の状況に応じた個別の教材を構成し、紙への印刷やタブレットに配信するためのシステム。生徒の学力や苦手分野などに応じて教材をパーソナライズする形で振り分ける。

 教材のパーソナライズ化自体には以前から取り組んでいたが、1月中旬に新たなシステムを稼働させていたという。

 この新システムに不備があったことが障害の原因になり、1月23日週の前半に新規の募集を停止。また、2月開講の中学受験講座では現状一部の教材について、パーソナライズした正規のものではなく、受講者共通のものを2月分として送付することで、対応しているという。

 障害の原因については「現在究明中で明確に回答できることはない」とのことだが「外部からのサイバー攻撃などではなく、情報漏えいなどもない」としている。

 Z会は1月30日の午後2時に、同社ウェブサイトで状況を知らせるとしていたが、正午に既に公開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]