編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デルタ航空のシステム障害、四半期営業利益に1.5億ドルの損失をもたらす見通し

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-12 11:26

 Delta Air Linesのアトランタ本社で米国時間8月8日に停電が起こり、システムがダウンした結果、多くの便が欠航し、多数の乗客に影響が及んだ。Deltaによると、このIT障害は、第3四半期の営業利益に1億5000万ドルの損失をもたらす見通しだという。

 同社はCowen and CompanyのAnnual Global Transportation Conferenceで「停電とその後の事業復旧作業はDeltaの7月~9月期決算の税引き前利益に1億5000万ドルの損失(マイナス1.5ポイントの営業利益率)をもたらす見通しだ、と同社はプレゼンテーションの中で述べ、1800便の欠航とその他の便の延期を引き起こしたシステム障害について、Deltaは率直に説明した。

 Deltaの技術司令部で重要な電源制御モジュールに障害が発生して、サージ電圧が変圧器に加わり、停電につながった、と同社は述べた。

 電力はすぐに安定化し復旧したが、重要なシステムとネットワーク機器がバックアップに切り替わらなかった。それらのシステムが、チェックインの処理や搭乗手続き、運航の管理に使われる顧客サービスシステムのパフォーマンスを低下させた。


提供:Delta

 Deltaの運航スケジュールは過密で、ダウンタイムは売上高や利益の損失につながる。今回、同社の発表により、具体的な金額が明らかになった。それでも、低調な売上高、不安定な燃料費、運航障害に負けず、18~19%の営業利益率、約15億ドルの営業キャッシュフローを達成できる見通しだと同社は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]