編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Windows 10、Creators Updateでプライバシーや更新設定を改善へ--アップデートの「Snooze」機能も

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-02 10:56

 「Windows 10 Creators Update」のリリースは約1カ月後と予想されているが、Microsoftは同アップデートで、新たにユーザーが管理できるプライバシーおよびアップグレード設定を追加することを明らかにしている。

 関係者によると、Microsoftは米国時間3月1日、「Windows Insider Program」に参加しているテスターとともに、この新しいプライバシー設定およびアップグレード体験のテストを開始し、Creators Updateの一般提供が開始される前に、問題なく機能することを確認する予定だという(複数の情報筋によると、一般提供は2017年4月に開始される予定だという)。

 Microsoftは同日、「Feedback Hub」の「quest」経由で新しいプライバシー設定などのスクリーンショットをInsiderに公開するとしている。



 Microsoftの関係者によると、MicrosoftはWindows 10 Creators Updateでユーザーコントロールに関するほかの修正も施す予定だという。次期リリースより、Windows 10がCreators Updateのような機能アップグレードやセキュリティ/機能の累積ロールアップをインストールするタイミングを、ユーザーがさらに管理できるようになる。

 Creators Updateでは、ユーザーはアップデート実行のタイミングの指定に関して、より多くのオプションを利用できる。Microsoftは「Active Hours」(アクティブ時間)を12時間から18時間に拡大する。ユーザーが作業を中断したくないときにWindowsが機能アップグレードやセキュリティ/フィックスの累積ロールアップをインストールすることはなくなるだろう。

 ユーザーが最初に選んだ時間が不都合な場合に、アップデートのスケジュールを変更する機能も追加される。新しい「Snooze」機能を利用すれば、アップデートプロセスを3日間完全に停止することができる。

 Microsoftはこれらの新しいアップデートおよびアップグレード設定を最近のWindows Insiderテストビルドに追加してきたが、(これまでのところ)Insiderがテストできるのはその一部だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]