バックアップソフト「Arcserve UDP」新版、リストア可否を自動で確認

NO BUDGET 田中好伸 (編集部) 2017年03月08日 14時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 arcserve Japanは3月6日、バックアップ/リストアソフトウェアの新版「Arcserve Unified Data Protection(UDP) v6.5」とバックアップソフトウェアの新版「Arcserve Backup r17.5」の受注を開始した。3月13日から出荷する。税別価格は、UDP v6.5が1年間の保守サポートを含めて10万円から。Backup r17.5が15万円から、

 UDPの物理アプライアンス版として24Tバイトの「Arcserve UDP 7320 Appliance」は4月3日から受注する。税別価格は5年間のハードウェアやソフトウェアの保守サポートを含めて640万円。

 UDP v6.5は、クラウドをリモートサイトとして活用したリストア時間不要の事業継続対応、バックアップデータの健全性を自動的に確認する機能などを搭載。Windows Server 2016にも対応する。

 クラウドのリモートサイト機能では、Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」でバックアップデータからあらかじめ仮想マシンを作成しておくことが可能になった。仮想スタンバイによってリストア時間が不要になるため、業務サービスをEC2上ですぐに再開できる。

 AWSのオブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」を利用したコスト削減策も強化する。新版では、S3に加えて、S3と互換性があるクラウドストレージに復旧ポイントをコピーできる。

 従来のUDPでもクラウドストレージへのバックアップ機能は搭載されているが、サポートするクラウドストレージは同社が認定したものだけだった。新版では、重要なファイルをコピーするクラウドストレージとしてS3やS3互換をサポートする。3月1日の会見でソリューション統括部プリンシパルコンサルタントの渡邊結子氏は、機能強化のメリットとして「クラウドストレージを自由に選択できる」ことを挙げた。S3互換ストレージはオンプレミスでも活用できることもメリットとして挙げている。

arcserve Japan ソリューション統括部 プリンシパルコンサルタント 渡邊結子氏
arcserve Japan ソリューション統括部 プリンシパルコンサルタント 渡邊結子氏

 S3については、Linux環境から直接バックアップできるようにもなっている。オンプレミスでのディスクを節約できるともに、S3からオンプレミスのベアメタルリカバリもできるようになっている。

 バックアップデータの健全性確認では、バックアップしたデータを本番データと同じ状態で自動的に確認できる「アシュアードリカバリ」機能を搭載した。これにより、バックアップデータの破損に気付かずにバックアップ運用を継続してしまい、いざという時に正しく復旧できないという事態を防ぐ。

 新版ではまた、Window Server 2016やHyper-Vでの仮想環境、そしてその混在環境を統合的に保護する。SQL Server 2016、Exchange 2016、Active Directoryなどのアプリケーションのオンラインバックアップにも対応する。

 クラウド対応強化の一環として、Office 365のExchange Onlineのデータも保護できるようになった。クラウド上のメールデータをオンプレミスにバックアップ、保管するだけでなく、完全に削除したメールボックス、予定表、タスクなどをアイテム単位で柔軟に復旧できる。

 新版ではまた、指定された期間に利用可能な復旧ポイントを可視化するRPO(Recovery Point Objective、目標復旧時点)レポートと、実際の復旧時間と目標の復旧時間の値の比較結果を可視化するRTO(Recovery Time Objective、目標復旧時間)レポートを自動生成する。このレポートを活用することで経営層やユーザー部門にサービス品質水準(SLA)を確保できることになり、業務継続性を向上できると意義を説明している。

 Backup r17.5は、バックアップ先として、テープやディスクに加えて直接クラウドストレージにバックアップできるようになった。Amazon Storage Gatewayをサポートし、Storage Gatewayが提供する仮想テープライブラリ(VTL)をオンプレミスサーバのバックアップ先として利用可能。Windows Server 2016もサポートし、バックエンドデータベースとしてSQL Server 2016を利用できるようになった。

 UDP 7320は、バックアップ先ストレージを24Tバイト内蔵し、同社独自のI2テクノロジによる継続的な増分バックアップ機能を搭載している。重複排除のハッシュ領域用に480Gバイトのソリッドステートドライブ(SSD)を標準搭載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算