編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

スマートウォッチやHMD向け「フォースフィードバックデバイス」市場が成長軌道に

NO BUDGET

2017-03-11 07:00

 矢野経済研究所は、2月24日、フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査の結果を発表した。

 フォースフィードバックは、スマートフォンやゲーム機のコントローラなどの入力装置についている機能の一種で、入力に反応して筐体ないし画面などを振動させ、利用者に擬似的な感覚を与える機能。同調査における、フォースフィードバックデバイス市場とは、ERMやLRA、圧電アクチュエータ(Piezo 素子)などのフォースフォードバック機能を具現化するための主要デバイスであるアクチュエータを指す。

 これによると、2017年の同市場は、スマートフォンに加えスマートバンドやスマートウォッチ、HMD(Head Mounted Display)、 指輪型、ウェア型等のウェアラブルデバイス市場の成長によって、前年比139.7%の1519億2,200万円と予測されるという。また、2016年から2020年までの年平均成長率は17.4%になり、2020年の市場規模は2064億6,700万円に達すると予測される。


フォースフィードバックデバイス世界市場規模推移・予測

 2015年は、スマートフォン市場の成長減速で出荷数量は横這いとなったものの、ERM(Eccentric Rotation Mass:偏心モータ)から高品位で単価の高い LRA(Linear Resonant Actuator:リニア共振アクチュエータ)への置き換えが進み、前年比133.4%の1052億3,700万円となった。

 また2016年は、ERMの落ち込みが影響し、1087億5000万円(前年比103.3%)の微増が予測されている。しかし一方で、LRAへの乗り換えは進み、2017年のフォースフィードバックデバイス世界市場規模に占めるLRA比率は74.9%へ上昇すると予測されている。

 この調査は、フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動ICメーカー、ソフトウェアメーカーなどを対象に、専門研究員による直接面談、電話、e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用で実施された。調査期間は、2016年10月〜2017年1月。市場規模はスマートフォンメーカーなどの購入金額ベースで算出しており、呼び出しブザーなどに使われるバイブ機能しか持たないアクチュエータは含まない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]