編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、Slack対抗のコラボツール「Teams」をリリース--Outlookと連携

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-15 07:01

UPDATE Microsoftがチームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」をリリースした。米国時間3月14日から、「Office 365」の法人ユーザーを対象に181カ国、19カ国語で提供を開始する。Office 365を利用するアクティブビジネスユーザーは8500万人を超えており、これらのユーザーは、既に支払っているOffice 365サブスクリプション料金以外に追加でコストを負担することなく、Teamsを利用できるようになる。

 Microsoftによると、2016年11月のパブリックプレビュー版以降、100の新機能を追加したという。要望の多かった外部ゲストアクセス機能はまだ追加されていないが、2017年6月末から順次追加されるとしている。公開チームサポート、チーム内のボット、新しいスケジュールアシスタントはすべて、先週のパブリックプレビュー版に追加されていた。

 「Slack」とは異なり、MicrosoftはTeamsによって電子メールを不要にしようとは考えていないと、同社は強調した。Microsoftは、電子メールからTeamsへの会話の移行を簡素化することに取り組んでおり、Teamsのチャンネルに対して電子メールを送信する機能を提供する。書式設定、フラグ、添付のすべてがサポートされる。Microsoftの「Outlook」とTeamsは、今後ますます深く統合されることになるという。

 「Teamsを、チャットベースのワークスペースと捉えている」とMicrosoft Teamsを統括するコーポレートバイスプレジデントを務めるBrian MacDonald氏は述べ、「さまざまな種類のチームやコラボレーションがあり、それぞれに対して異なる種類のツールがある」とした。

Microsoft Teamsの画面
Microsoft Teams
提供:Microsoft

 「Outlookはユーザーの業務におけるハブであり、Teamsもユーザーの業務におけるハブだ」とMacDonald氏は続けた。「Slackとは異なり、電子メールをなくそうとは考えていない。双方を強く連携させようとしている」(同氏)

 確かにTeamsには、ステッカーや絵文字もある。しかし、MicrosoftはTeamsのターゲットを、企業に定めてもいる。現時点で、Meekan、Growbot、ModuleQ、SAP SuccessFactors、Trelloといった企業からの150を超えるボットやコネクタが既に統合されているか、まもなく統合される予定となっている。

 「エンタープライズのIP開発者が利用可能なボットプラットフォームの構築を目指している。これまでのところ、ほとんどのボットが小規模企業によって作成されている」とMacDonald氏は述べた。

 同氏によると、Microsoftは自社の生産性ソフトウェアおよびサービス(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Skype」など)、ビジネス向け動画サービス「Microsoft Stream」、「Visual Studio」などとTeamsとの連携にも引き続き取り組んでいくという。

 Teamsは、「Business Essentials」「Business Premium」「Enterprise E1」「Enterprise E3」「Enterprise E5」のいずれかのプランに加入するOffice 365ユーザーを対象に提供される(終了前にEnterprise E4を購入したユーザーもMicrosoft Teamsが利用可能)。Microsoft Teamsに無料のスタンドアロン版は提供されない予定だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]