調査

日常に溶け込むAI、3人に2人が使っている意識なし?--HubSpot

Eileen Brown (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年03月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AIは、ビジネスから私生活までさまざまな場面で使われている。「Google Home」や「Amazon Alexa」に話しかける時はもちろん、電球をつけたり、電子メールを書く時でもAIを利用できるようになった。だがコンシューマーの意識はどうか?

 インバウンドマーケティングのHubSpotが、AIとチャットボットに対するコンシューマーの意識を調べ、「Global AI survey for Q4 2016」としてまとめた。調査はアイルランド、ドイツ、メキシコ、コロンビア、英国、米国の1400人のコンシューマーを対象としたもので、多くがそれと知らずにAIを使っているという。

提供:Hubspot
提供:Hubspot

 「AIツールを使ったことがある」と回答した人は37%だった。しかし、「AIを使ったことはない」と回答した人のうち、63%は実際は使っていることがわかった。単にAIと認識していなかったということのようだ。

 74%が「1カ月以内に音声検索ツールを使用した」と回答した。ユーザーは、「Siri」「Cortana」「Home」「Alexa」が改善していると感じている。音声検索を日常的に利用する人は、前年に比べると27%増えたという。

 音声アシスタントに大きな声で話しかけることに違和感を感じる人も少なくなっているようだ。自宅で利用するのに違和感を感じないという人は84%に達している。一方で、公共の場で利用することに違和感を感じないと回答した人は17%にとどまった。

 回答者の47%は「チャットボットで物品の購入をするのに抵抗はない」という。チャットボットは「Slack」「WhatsApp」「Line」「Facebook Messenger」などのメッセージングアプリの上でネイティブに動くものだ。

 チャットボットは、サイトで最も評価の高いアイテムを提案するなどショッピングに関連したさまざまなタスクをこなしてくれる。この先、機械学習プログラムがスマートになれば、Eコマースボットは潜在顧客からのより複雑な質問に答えられるようになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化