ザッカーバーグCEO、「アイアンマンのジャービス」目指すAI執事開発の成果を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年12月20日 09時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年初頭、Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は、自宅を管理するシンプルな人工知能(AI)を構築することが2016年の個人的な抱負であることを明らかにした。映画「アイアンマン」に登場するAIアシスタントにちなんで、そのシステムを「Jarvis(ジャービス)」と名付ける計画だった。

 年の瀬が迫った今、Zuckerberg氏は自身が達成したことや、このプロジェクトを通してFacebook内部の技術、ホームオートメーション、およびAIの現状について学んだことを発表した。

 これによるとZuckerberg氏は、「Python」と「PHP」、および「Objective C」で記述されたJarvisをスマートフォンとコンピュータで利用している。Jarvisは自然言語処理、音声認識、顔認識、強化学習を採用。Zuckerberg夫妻はこのシステムを使って、照明や温度、セキュリティ、音楽再生など、自宅内のさまざまな機能や電化製品を制御しているという。


 Zuckerberg氏は、自宅のすべての電化製品(Tシャツを発射するTシャツ砲も含む)を同システムに統合するのが困難であることにすぐ気付いた。

 「Jarvisのようなアシスタントがより多くの人々の家庭内のあらゆるものを制御するためには、より多くの端末を接続する必要がある。さらに、それらの端末が相互に通信できるように、業界が共通のAPIや規格を開発することも必要だ」(同氏)

 Zuckerberg氏は、自分がJarvisとテキストでコミュニケーションをとるのを好むことにも気付いた。同システムが音声認識機能を備えているにもかかわらずだ。

 同様に、Jarvisを利用するメインのインターフェースとして、自分がスマートフォンを好むことも分かったという。

 「自宅にいないときにJarvisと通信したくなることが驚くほど多いので、自宅に設置する端末ではなく、スマートフォンを主要なインターフェースにすることが極めて重要と思われる」(同氏)

 AIアシスタントが進化し続ける中で、「Jarvisのように、どこにでも連れて行くことが可能で、プライバシーを守りながら通信することもできる製品が最高の製品になるだろう」とZuckerberg氏は述べた。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算