編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

トランプ氏、米政府のIT変革に向け評議会を発足へ--責任者は元マイクロソフト幹部

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-02 14:12

 ホワイトハウスは米国時間5月1日、Donald J. Trump大統領が「American Technology Council」(ATC)を立ち上げる大統領令に署名したことを発表した。

 「連邦政府は米国民に、より高度なデジタルサービスを提供すべきだ」と大統領令には書かれている。大統領令によると、ATCの目的は、連邦政府が「自らの情報技術(IT)、そして、デジタルサービスの利用および提供方法を変革し現代化」することだという。

 ホワイトハウスの戦略的イニシアチブ担当ディレクターで、MicrosoftやGeneral Motorsで働いた経験を持つChris Liddell氏が、ATCのディレクターを務める。ATCは、Liddell氏、Trump大統領、Mike Pence副大統領のほか、国防長官や国土安全保障長官などの閣僚も含む、19人のメンバーで構成される。

 ATCのメンバーに名を連ねる予定の政府関係者が全員任命されたわけではない。Trump大統領は、科学技術政策局長や最高技術責任者(CTO)をまだ任命していない。民主党議員で構成されるグループが4月、Trump大統領に書簡を送付し、それらの担当者を早く任命するよう促した。

 Axiosの報道によれば、主要IT企業の最高経営責任者(CEO)ら約20名を招く会合が予定されている。

white house
提供:CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]