編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

領収書電子化で経費精算ツール市場が伸長--残業抑制で勤怠管理市場も加速

NO BUDGET

2017-05-24 16:33

 「経費精算」「勤怠・就業」「ワークフロー」「出張管理」で構成される“ERPフロント”市場の2016年度は前年比20.6%増の212億1000万円になった。2017年度もクラウドサービスが牽引する形で成長が加速し、前年比21.9%増の258億600万円となる見込みだという。ミック経済研究所が5月18日に発表した。

 近年、統合基幹業務システム(ERP)本体はオンプレミスで運用し、フロント部分をクラウドで利用するハイブリッド型が増えていると説明。クラウドベンダー間のシステム連携強化でスイートサービス的なアプローチが目立っているという。

 ソリューション別にみると、経費精算市場は、電子帳簿保存法を追い風に経費の可視化、業務効率化ニーズで拡大。勤怠・就業市場は残業抑制やストレスチェックなどワークスタイル変革で急加速している。ワークフロー(経費・勤怠)は、連携オプションの充実で経費精算ニーズをキャッチしている。出張管理は、頻発するテロを背景に危機管理ニーズの取り込みで拡大している。

 勤怠・就業ソリューション市場は、2016年度は前年比12.9%増の108億5000万円。市場構成比で51.2%となり、ERPフロントソリューション市場の成長に大きく貢献している。

ERPフロント4分野別の市場規模中期予測図(ミック経済研究所提供)
ERPフロント4分野別の市場規模中期予測図(ミック経済研究所提供)

 提供形態別では、パッケージライセンスは前年比2.5%増に対し、クラウドは前年比20.2%増で、構成比は62.4%を占めた。

提供形態別勤怠・就業ソリューション市場・ウェイト推移図(ミック経済研究所提供)
提供形態別勤怠・就業ソリューション市場・ウェイト推移図(ミック経済研究所提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]