編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

リコー、複合機連携を強化--コンカーの出張経費精算管理サービスと連携

NO BUDGET

2017-01-10 15:04

 リコーは、複合機連携クラウドソリューションの展開をパートナーとの協業で加速させる。1月5日に発表した。

 2月からコンカーと連携し、経費精算管理を効率化する複合機連携クラウドソリューションを提供していく。複合機で領収書をスキャンするだけで、コンカーが提供する出張経費精算管理クラウドサービスにデータを取り込み、経費精算業務を効率的に処理できるようになる。

リコーが進めるパートナー連携の概要(リコー提供)
リコーが進めるパートナー連携の概要(リコー提供)

 リコーは、2016年11月から複合機からオンラインストレージサービスのBoxに保存したデータをプリンタドライバを経由せず直接プリントしたり、複合機でスキャンしたデータをBoxにそのまま保存できたりするサービスを提供している。2016年12月からは、きりんのクラウドサービスと連携し、保険証や紹介状、紙カルテなどの紙の書類を複合機でスキャンし、クラウドの電子カルテシステムに簡単に紐付けられるサービスも展開している。

 リコーは、パートナーに対してリコー製複合機との連携ソフトウェアの開発、販売を支援する「Ricoh Developer Program」を提供している。このプログラムを活用しクラウドサービスを提供するパートナーとの連携を活発化させていく方針だ。

 リコーは、2016年5月にデジタルフルカラー複合機の中高速クラスのラインアップを一新し、操作部に10.1インチWSVGA大型フルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を全モデルに搭載。ユーザー企業は、このパネルから「RICOH アプリケーションサイト for MultiLink-Panel」に接続し、業務課題やニーズにあうアプリケーションを複合機にインストールできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]