編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リコー、複合機に新製品--オフィスとクラウドをつなぐ共用情報端末に

大河原克行

2013-05-30 17:06

 リコーは5月30日、デジタルフルカラー複合機の新製品として「RICOH MP C6003」シリーズなど5機種19モデルを発表した。6月5日から順次発売する。

 今回の新製品は、複合機の中心となる中高速クラスのラインアップを一新するもので、同社の複合機事業で重要な役割を担う製品群という。


リコー グローバルマーケティング本部 テクノロジーバリューマーケティングセンター 第1プロダクトマーケティング室 室長 細谷秀樹氏

e-Sharing Box

 同社は「リコーの複写機事業の方向性を変えていく製品になり、オフィスの変革をもたらす製品になる」(リコー グローバルマーケティング本部 テクノロジーバリューマーケティングセンター 第1プロダクトマーケティング室 室長 細谷秀樹氏)と、新製品の位置付けを説明している。

 その最大の理由は、今回の新製品に対応する形で、新たなサービスを提供することにある。その中心となるのが、オンプレミス型プライベートクラウドサービスとの連携となる。

 その要となる、ハードウェア「RICOH e-Sharing Box タイプM3」も同時に発売する。スキャンした文書や受信したファクス文書、PCで作成した文書などを保存、共有できるほか、SaaS「RICOHクラウドリレーサービスCX」を活用することで、社外からのiPadやスマートフォンなどのスマートデバイスの利用が可能になる。

 e-Sharing Box タイプM3の価格はオープン。また、ハードウェアとソフトウェアの保守サービスと、クラウドリレーサービスの10デバイス分をセットにした「RICOH e-Sharing Boxサービスパック」の価格は初期費用が4000円、月額4200円となっている。

 e-Sharing BoxとRICOHクラウドリレーサービスは、従業員規模が100人未満、システム管理者が不在、ファイルサーバを保持していない企業、あるいは外勤社員が多い企業などを対象に展開していくことになるという。e-Sharing Boxには、トレンドマイクロのセキュリティSaaS「Trend Micro Security as a Service」が採用されている。


e-Sharing Boxのシステム概要

新たに搭載したMulti-Link Panel

Multi-Link Panelをタイムレコーダとしても利用できる

 次世代ユーザーインターフェースとして「MultiLink-Panel」を採用。複合機の直感的な操作を可能にするとともに、このインターフェースを利用して、e-Sharing Boxをはじめとするドキュメントクラウドサービスや、オフィス業務に必要な機能やサービスを提供する「Job Magic」と「NetRICOH」などのサービスを利用することができるようになる。

 Job Magicは、個人所有のICカードを活用した個人認証をもとにして、複合機で出社・退社の時間打刻を行う勤怠管理や、OCR変換機能を活用した名刺管理、営業日報登録などが可能になる。

 専用端末を導入せずにオフィスの機器や情報をコントロールするオフィスファシリティサービスも利用することが可能だ。同社では、新製品の約4割にMultiLink-Panelが搭載されるものと想定している。

 「今回の製品によって、オフィスとクラウドサービスをつなぐ共用情報端末として、またオフィス全体のコントローラーといったように、次世代の役割に進化する。入出力機能を持ったオフィスのキオスク端末がこれからの複合機になる」とする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]