Macを狙うランサムウェア・アズ・ア・サービス--Fortinet報告

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年06月13日 12時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mac OS」を標的とするランサムウェア・アズ・ア・サービス(RaaS)の最初のインスタンスがダークウェブ上で販売されているのが見つかった。これにより、スキルレベルが低いサイバー犯罪者でもAppleのコンピュータを狙うことが可能になる。

Mac RaaS
提供:Fortinet

 デスクトップを狙うランサムウェアのほとんどが「Windows」を標的とするのは、Windowsが最もよく使われているOSだからだ。しかし、Appleのシステムを狙うランサムウェアも確認されている。

 RaaSのスキームは、2016年頃からWindowsでは多く見られたが、Macを狙ったものはこれまで見られなかったとされる。

 Fortinetのサイバーセキュリティ研究者が、「MacRansom」がTORネットワークでホストされているウェブポータルで宣伝されているのを発見したという。Mac OSを狙う最初のRaaSインスタンスである可能性があるとしている。

 研究者らがランサムウェアを解析したところ、ソフトウェアを購入する犯罪者の要求を受け、作成者が設定する時間ベースのトリガーがあり、瞬時に被害者が自分のファイルにアクセスできないようにするのではなく、ファイルの暗号化を遅らせることができるという。

Mac RaaS
提供:Fortinet

 トリガーされると、MacRansomが動いてファイルに鍵をかける。だが、暗号化できる最大のファイル数は128件だ。このことから、これまでに発見されているほかのOSX暗号化ランサムウェアほど高度ではないと研究者らは見ている。

 それでも、ファイルを暗号化することは可能であり、com.apple.finder.plistとオリジナルの実行可能ファイルを暗号化するだけでなく、Time Date Stampを変更するという。このやり方を取ることで、復旧ツールを使ってもファイルはほぼ役に立たないものとなる。

 MacRansamに感染したユーザーは、0.25ビットコイン(約700ドル)を要求され、1週間後に全てのファイルが削除されると脅される。要求に応じる場合、電子メールを送らなければならない。これも、このランサムウェアがそれほど高度ではないことを示唆している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算