編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

世界のロボット関連市場、2021年に2300億ドル超--IDC調査

NO BUDGET

2017-08-05 06:00

 IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表した。

 これによると、ドローンおよびロボット関連ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを含めた2017年の世界ロボティクス関連支出額は、2016年から17.9%増え、972億ドルになると予測すれる。2016年~2021年の年間平均成長率は22.8%で推移し、2021年には2307億ドルにまで拡大するという。

 産業分野別でみると、組立製造とプロセス製造は、2017年も引き続きロボット製品/サービスの最大顧客となる。支出総額はそれぞれ305億ドルと241億ドルで、両産業分野を合わせると、2016年~2021年を通じて、ロボティクス関連支出総額の半分以上を占める。また、鉱業、石油/ガス採掘、農業を含む資源産業は、2017年において3番目に大きいロボティクス関連市場になり、支出額は約90億ドルになると予測。予測期間に支出額が急速に拡大する産業分野は、教育(年間平均成長率71.9%)、小売(同51.3%)、建設(同38.3%)、卸売(同37.2%)、保険(同36.3%)とみられる。


世界ロボティクス関連市場 ユースケース別 2016年~2021年の年間平均成長率(上位5ユースケース)

 ユースケース別では、組立製造での組立/溶接/塗装が、予測期間全体にわたり、世界のロボティクス関連支出総額の4分の1近くを占めることが予測される。また、プロセス製造でのミキシングは、ロボティクス関連支出総額の15%以上を占める。その他のユースケースでは、自動採掘、棚出梱包(卸売)も支出額が増えると予測されており、予測期間中にロボティクス関連支出の最も急速な拡大が見込まれるユースケースには、積荷降ろし(年間平均成長率71.6%)、教育補助(同68.3%)、および顧客への配送(同60.6%)が含まれる。

 テクノロジー別では、予測期間を通してロボティクス関連支出総額の半分以上(2017年は507億ドル)は、ロボットシステム、アフターマーケットのロボットハードウェア、およびシステムハードウェアに振り分けられるという。

 2017年の時点でコマンド/制御、特定のロボット専用のアプリケーション、およびネットワークインフラストラクチャソフトウェアを含むソフトウェア関連支出額は152億に達し、サービス関連支出(アプリケーション管理、教育&トレーニング、ハードウェア導入、システムインテグレーション、コンサルティング)の総額は、240億ドルを超えるとみられる。また、ドローンおよびアフターマーケットのドローンハードウェア購入額は、2017年で70億ドル近くになることが見込まれており、予測期間全体を通して最も急成長が見込まれる。

 地域別では、日本を除くアジア太平洋地域が全予測期間でのロボティクス関連支出額の半分以上を占めることが見込まれる(2017年は515億ドル)。

 日本は143億ドルと、2017年に2番目に大きな市場となり、米国と西欧がそれぞれ136億ドル、101億ドルと続く。ただしIDCは、予測期間が終了するまでに、米国が第2位になると予測している。これらの4つの地域市場はいずれも組立製造とプロセス製造による好調な支出がけん引し、5年間の予測期間で見た場合、最も急成長が見込まれる地域は、中南米(年間平均成長率 26.5%)、日本を除くアジア太平洋地域(同25.2%)、米国(同24.1%)となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]