編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

最大1GBのファイルをブラウザから共有--モジラの新ツール「Send」

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)

2017-08-03 10:42

 「Firefox」を提供するMozillaが、3つの新しい実験的ツールをリリースした。その1つが、最大1Gバイトまでのファイルに対応する、シンプルでセキュアなファイル共有サービス「Send」だ。

 Sendの現行バージョンでは、使い捨てのリンクを用いて、セキュアな方法で連絡先にファイルを送信できる。暗号化されたファイルはMozillaのサーバに保存されるが、1回ダウンロードされた直後、または24時間が経過した時点でリンク切れとなり、削除される。


提供:Mozilla Firefox

 Sendは、Mozillaの「Test Pilot」実験の1つとして提供される。通常、Test Pilotの実験的機能を使うにはアドオンが必要だが、Mozillaによれば、Sendのウェブアプリケーションは「あらゆるモダンブラウザーで」で使用できるという。

 まずはブラウザでSendを開き、アップロードボックスにファイルをドラッグすると、暗号化キーを含むリンクが生成される。あとはそれをメッセージで送るだけだ。

 Sendを使う前に、Mozillaのデスクトップ版ブラウザの最新バージョン「Firefox 54」にアップデートする必要がある。また、Sendは「Chrome」でも機能する。

 Firefox Sendは、AES-GCMアルゴリズムを用いた「WebCrypto API」を使って、ブラウザ内でファイルの暗号化と復号を行う。したがって、ファイルはMozillaのサーバへ送信される段階ですでに暗号化されており、Mozillaはそのファイル名とファイルサイズは受け取るものの、ファイルの内容を見ることはできない。

 Test Pilotチームは、これと併せて、音声でFirefox内の検索ができるツール「Voice Fill」も公開した。こちらは現時点でGoogle、Yahoo、DuckDuckGoの検索ページをサポートしている。また、ブラウザのサイドバーに表示されるシンプルな1ページのメモ帳、「Notes」もリリースされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]