編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ランサムウェア拡散を一時阻止した「英雄」が逮捕--その意外な理由とは

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-08-04 15:31

 5月にランサムウェア「WannaCry」のまん延を一時食い止めたセキュリティ研究者が、自らウイルスを作成したとして米国時間8月2日に逮捕された。

 「MalwareTech」としてよく知られるMarcus Hutchins容疑者は、英国に帰国するため米ラスベガスで航空機に搭乗しようとしているところを逮捕された。Hutchins容疑者は、ハッカーやセキュリティ専門家、研究者らが情報交換する4日間の大規模なカンファレンス「DEF CON」に参加するため、ラスベガスに滞在していた。

 米政府は同容疑者が、2014年に発生しオンライン銀行からの窃盗に使われたマルウェア「Kronos」を作成し配布したとしている。Hutchins容疑者に対する起訴状によると、同容疑者と匿名の共犯者はダークネットの闇市場でKronosを販売したという。

 ある情報提供者によると、捜査当局はHutchins容疑者を過去2年にわたり捜査していたという。容疑は2014年7月から2015年7月の間にKronosを販売したというものだ。

 米司法省によると、Kronosはバンキング用のウェブサイトからユーザー名やパスワードの情報を盗むトロイの木馬で、カナダ、ドイツ、ポーランド、フランス、英国で使われたという。

 Hutchins容疑者はWannaCryランサムウェアに組み込まれたキルスイッチを発見したことで、オンライン上の英雄となった。このウイルスは、コンピュータをロックして300ドルの支払いを要求するというもの。同容疑者がコードの中に情報を発見し、ドメイン名を登録することによってさらなる感染を食い止めるまで、野火のように拡散していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]