編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業決算

シスコの第4四半期、売上高は予想上回るも4%減

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-18 11:52

 Ciscoは米国時間8月16日、2017会計年度第4四半期(5〜7月期)の決算発表を行った。

 第4四半期の純利益は24億ドル、1株あたり利益は48セントだった。非GAAPに基づく1株あたりの利益は61セント、売上高は121億ドルで、前年同期比から4%マイナスとなっている。

 アナリストらの予想では、1株あたり利益は58セント、売上高は118億9000万ドルとなっていた。

 今四半期について、アナリストは非GAAPに基づく1株あたり利益を60セント、売上高を120億6000万ドルと予想している。Ciscoは、1株あたり利益が前年同期比3%~1%減の59セント~61セントになる見通しとしている。

 事業別の売上高を見ると、製品は5%減、スイッチなどは9%減、コラボレーションは3%減、データセンターも4%減となった。サービスプロバイダーの売上高も10%減少した。経常利益の割合は全体の31%で、前年同期から4ポイント増加したという。

 最高経営責任者(CEO)のChuck Robbins氏は、「ソフトウェアと経常利益をより重視するという事業の転換、そして中核製品及びポートフォリオ全体におけるイノベーションの加速へのコミットという点で、大きな成果を遂げることができた」とコメントしている。

 Robbins氏はアナリスト向けのカンファレンスコールで、「キャンパスネットワークポートフォリオからサブスクリプションモデルへの転換を進めており、将来的に当社のソフトウェア事業はこの転換によるメリットを享受できるだろう」と述べた。

Cisco Q4

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]