シスコが発表した新IoT運用プラットフォーム「Cisco Kinetic」

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-07-03 11:32

 Cisco Systemsが先週、IoT運用プラットフォーム「Cisco Kinetic」を発表した。同プラットフォームにより、コネクション管理と「フォグコンピューティング」、データ管理に注力していく。

 Ciscoによると、Kineticは「IoTイニシアティブを市場にもたらす企業の能力を合理化する」ことで、JasperのIoTプラットフォームを補完するとともに、IoT対応のプログラマブルスイッチである「Cisco Catalyst 9000」シリーズを含む、新たに発表された「The Network. Intuitive.」というアプローチを補完するものになるという。

 CiscoのIoTおよびアプリケーション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるRowan Trollope氏は、「実際のところこれは、デバイスからデータを取得するためのプラットフォームだ。Cisco Kineticの素晴らしさは、これがCisco Catalyst 9000スイッチ上で動作するとともに、既存の密閉型ルータ/スイッチインフラ上でも動作し、Ciscoが今後発表する、エッジ上に展開されるすべての新規ハードウェア上でも動作するという点にある」と述べている。

 「つまりわれわれは、より多くのデータを取得する素晴らしいプラットフォームを提供するために、エッジからデバイスに至るまでの道筋をつけようとしている」(Trollope氏)

 同氏によると、世界各地に散らばっている、ネットワークに接続されていないデバイス上に膨大な量のデータが「閉じ込められて」おり、Kineticによってそういったデータの取得を支援できるようになるという。

 同氏は「ネットワークに接続されていない多くの世界には、大量のデータが眠っている。それらデータの収集は可能だが、そういったことはCiscoが可能にしなければならない」と述べている。

 情報開示:筆者のCorinne Reichertは、Ciscoから招待を受け、ラスベガスで開催されたCisco Liveを訪れた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]