編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

シスコとIBM、セキュリティ製品の統合で提携--サイバー犯罪に対抗

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-01 10:12

 Cisco SystemsとIBMは米国時間5月31日、セキュリティ関連の製品やサービス、脅威インテリジェンスの統合を目的とする新たな提携の締結を発表した。

 両社はそれぞれ、大々的にセキュリティ事業を展開している。今回の提携によってCiscoのセキュリティスイートとIBMの「QRadar」が、ネットワークやエンドポイント、クラウドをまたがって統合されることになる。

 また、IBM Global ServicesがマネージドセキュリティサービスにおいてCisco製品をサポートするようになる。さらに、CiscoとIBMはセキュリティ分野の研究でも連携し、IBMのX-ForceチームとCisco Talosチームが脅威インテリジェンスの研究やサイバーセキュリティのレスポンスで協力していく。

 具体的に述べると、両社は以下の面での統合を目指す。

  • Ciscoのセキュリティ製品が、IBMの「Cognitive Security Operations Platform」と統合される。
  • Ciscoは、IBMのQRadarセキュリティアナリティクスプラットフォーム向けのアプリケーションを開発する。最初に開発される2本のアプリケーションは「IBM Security App Exchange」で公開される。
  • Ciscoの「Next-Generation Firewall」(NGFW)と「Next-Generation Intrusion Protection System」(NGIPS)、「Advanced Malware Protection」(AMP)、「Threat Grid」がIBMのプラットフォームと統合される。
  • IBMの「Resilient Incident Response Platform」(IRP)がCiscoのThreat Gridと統合される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]