編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、セキュリティオペレーションプラットフォームで「Watson」の技術を活用

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-15 11:13

 IBMは米国時間2月13日、サイバーセキュリティーオペレーション向けの同社の認知プラットフォーム「Cognitive Security Operations Center」(Cognitive SOC)の中核として「IBM Watson」を組み込むと発表した。攻撃に対する防御を固めるため、Watsonのセキュリティ分析能力を活用する。


提供:ZDNet

 IBMは同日、「Watson for Cyber Security」の一般提供を開始すると発表した。このテクノロジは過去1年間で40以上の顧客によってテストされてきている。その際にWatsonは、100万本を超えるセキュリティ関連の文献を取り込んできている。

 Watson for Cyber Securityの目的は、Watsonの知識ベースを自然言語で活用できるようにし、セキュリティアナリストを支援することにある。IBMはまた、セキュリティイベントを追跡する同社の「X-Force Command Center」ネットワークに認知ツールを統合するための投資もしてきている。

 今回の発表の要点は以下の通りだ。

  • WatsonがIBMのCognitive SOCプラットフォームに組み込まれる。同プラットフォームはエンドポイントやネットワーク、ユーザー、クラウドに関するセキュリティ上の問題を追跡するものだ。
  • IBMは「IBM QRadar Advisor with Watson」という新たなセキュリティアプリを提供する予定だ。このアプリはWatsonの持つ洞察力を活用できる。
  • このアプリはAvnetやNew Brunswick大学をはじめとする世界各地の40の組織で利用されている。
  • 「IBM Managed Security Services」ではWatsonのチャットボットが用いられている。
  • IBMは、Watson上に構築した音声セキュリティアシスタントである「Havyn」の詳細も明らかにした。

 同社のCognitive SOCプラットフォームは、オンプレミスあるいは「IBM Cloud」上で利用可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]