IBM、「Watson for Cyber Security」を拡充--サイバー犯罪との戦いに企業も参加へ

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年12月07日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間12月6日、「IBM Watson for Cyber Security」のベータプログラムを拡充し、企業とも連携していくと発表した。Fortune 500に名を連ねる世界の企業が「IBM Watson」の認知コンピューティング能力を用い、サイバー犯罪に立ち向かう。

 Watson for Cyber Securityはハッカーと戦っていくためのプロジェクト。1年にわたる研究の後、5月に複数の大学と連携し、セキュリティ関連データのさらなる蓄積を目指していた。今回、金融やヘルスケア、保険、自動車関連などの業界でも同プロジェクトを推進していくという。

 ここでのWatsonの目的は、機械学習や自然言語処理といった人工知能(AI)テクノロジを用いて、構造化の有無にかかわらず膨大な量のデータを分析し、サイバーセキュリティの専門家らによる脅威の特定を支援することだ。

 今回Watson for Cyber Securityのベータプログラムに参加すると発表された40の組織は、サイバー犯罪と戦うためのWatsonの能力を検証していく。参加組織には、Sun Life Financialやロチェスター大学医療センター、SCANA Corporation、三井住友銀行、カリフォルニア州立工科大学(California Polytechnic State University)、ニューブランズウィック大学、Avnet、Smarttechなどが挙げられている。

 IBMは、サイバーセキュリティーにおける防御能力の強化にWatsonを使用することで、マルウェアの既知の亜種による攻撃か、特定のサイバー犯罪キャンペーンが絡む攻撃かを特定するといった、認知システムの新たなユースケースを示したいと考えている。こういったユースケースの場合、Watson for Cyber Securityは攻撃に使用されるマルウェアの情報や、それによって引き起こされる脅威のレベルを提供する。

 またWatsonは、振る舞い認証を適用したり、コンテキストを用いたりすることで、ユーザーの行動が悪意を持ったものなのか、単に通常とは違った行動なのかを見極め、怪しい振る舞いを洗い出す。IBMは、ベータプログラムに参加する組織と協力し、サイバーセキュリティに関するデータと運用に対するWatsonの理解を高めるとともに、日々のプロセスにうまく統合していきたいと考えている。

 認知テクノロジは、その成熟にともない、サイバー犯罪と戦ううえでの重要な武器になるとIBMは確信している。同社の調査によると、企業の7%が現在そういった目的で認知テクノロジを使用しており、その数は増えていくはずだという。

 IBM Securityの最高技術責任者(CTO)Sandy Bird氏は、「顧客は認知テクノロジを実装するうえでの初期段階にある」と述べるとともに、「われわれの調査では、Watson for Cyber Securityのようなツールが成熟し、セキュリティオペレーションセンターに浸透していくとともに、その採用は向こう3年で3倍に増えることが示されている」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算