編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
調査

先進的なSOCの7割は平均1週間以内にインシデント調査を完了--マカフィー調べ

NO BUDGET

2017-08-24 13:17

 マカフィーは、セキュリティ監視センター(SOC)と脅威の監視や分析にあたる"脅威ハンター"の現状に関するレポートを発表した。

 先進的なSOCの71%は、人とテクノロジーの協業(コラボレーション)により、1週間以内に脅威調査を完了しているという。そのうち37%は、24時間以内に脅威調査を完了させていることが分かった。また先進的なSOCは、それ以外のSOCと比較して脅威調査を自動化している割合が3倍高く、その結果として、実際の脅威ハンティングに費やすことができる時間が50%増加している。

 同レポートではSOCを低い方から「未成熟」「構築中」「革新的」「先進的」の全4段階を進化レベルとして設定し、調査している。また「脅威ハンター」とは、長年のサイバー犯罪者研究で培った感度や推測、経験に基づき、サイバー脅威を調査する専門のセキュリティ チーム メンバーを指す。

 調査は700人以上のITおよびセキュリティ専門家を対象にアンケートを行い、2017年春に実施された。回答者の属性はオーストラリア、カナダ、ドイツ、シンガポール、英国、米国を拠点とし、従業員1000人以上の組織で脅威調査業務を担当する人物。

 この他の調査結果として、経験豊かなSOCの脅威ハンターは、ツールや技術のカスタマイズにかけている時間が、経験の浅いSOCと比べて70%も長いことも分かっている。また回答者の68%は、さらなる自動化と脅威ハンティングにより、より高度なサイバー セキュリティを実現できると述べている。

 さらに熟練のSOCは、サンドボックスの利用、ワークフローの改善、コストと時間の削減、他のソリューションでは収集できない情報を収集することなどを通じて、経験の浅いSOCと比べて45%も高い成果を上げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]