編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

パナソニックNETS、経費精算とワークフロー新製品--並列や分岐の承認経路に対応

NO BUDGET

2017-10-04 10:49

 パナソニック ネットソリューションズ(パナソニックNETS)は10月2日、大企業・中堅企業向けワークフローシステム「MAJOR FLOW Z」の新製品を発表。経費精算システム「MAJOR FLOW Z KEIHI」と、汎用ワークフローシステム「MAJOR FLOW Z FORM」の2製品を12月1日に発売する。

 両製品は、高機能なワークフローエンジンを搭載しており、並列や分岐などの複雑な承認経路にノンカスタマイズで対応できる。また、親会社や子会社など複数企業での利用、多言語、スマートデバイスにも対応している。

 さらに、MAJOR FLOW Z KEIHIでは按分やチェック機能を強化、MAJOR FLOW Z FORMではイベント機能やExcel/PDFなどの外部出力機能を搭載した。

利用価格と特徴
利用価格と特徴(出典:パナソニックNETS)
「MAJOR FLOW Z KEIHI」の画面イメージ
「MAJOR FLOW Z KEIHI」の画面イメージ(出典:パナソニックNETS)
「MAJOR FLOW Z FORM」の画面イメージ
「MAJOR FLOW Z FORM」の画面イメージ(出典:パナソニックNETS)

 MAJOR FLOW Zのグループウェア連携では、Office 365/SharePoint、サイボウズ ガルーン、desknet's NEOに対応している。さらに、kintoneアプリに入力した情報から自動でMAJOR FLOW Zの申請を起票して承認することが可能。承認後のデータはkintoneに渡すことができるため、kintoneでは処理できない複雑な条件分岐や並列承認などが発生するワークフローも構築可能だ。

 MAJOR FLOW Zの帳票システム連携では、OPROARTS、SVF Cloudに対応する。MAJOR FLOW Z KEIHIの会計システム連携では、PCA会計、SurperStreamに対応する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]