編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、デスクトップ版「Skype」の正式版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-10-31 10:21

 「Skype」の一般ユーザー向けデスクトップアプリの正式版が、米国時間10月30日にリリースされた。新しくなったデスクトップアプリは、今も進化を続けている新しいモバイル版Skypeと同じく、テーマのカスタマイズ、チャットリスト、@メンションといった機能が搭載されている。Microsoftはこの「Skype for Desktop」を、プレビュー版として8月に公開していた。

 なお、従来の32ビット版デスクトップアプリも、今のところこれまでどおり使用でき、公式な終了日は明らかにされていない(いずれ発表されるとみられるが、Microsoftはその時期を明らかにしていない)。


新しくなった「Skype for Desktop」
提供:Microsoft

 新しくなったSkypeデスクトップアプリをすぐに利用したい人は、Microsoftの「Skype.com」サイトから手動でアプリをダウンロードしてインストールできる。また、「Mac」版アプリ、2016年11月アップデート版以前の「Windows 10」版アプリ、「Windows 8」版アプリ、「Windows 7」版アプリ、または「Linux」版アプリで自動更新機能を利用しているユーザーには、後日アップデートがMicrosoftから提供される。2016年11月版より新しいWindows 10版アプリを使っているユーザーには、間もなくアップデートが提供され、今回のリリースでサポートされている新機能が追加されるという。

 なお、Microsoftは「Skype for Business」クライアントアプリケーションを徐々に「Microsoft Teams」に置き換える取り組みも進めている。移行のロードマップによれば、移行には最低でも1年を要するが、それ以上の時間がかかる可能性が高い。

 ※お詫びと訂正(11月1日14時30分):タイトルと本文にて「最終版」「最終バージョン」と表記しておりましたが、誤解を招く表現だったため「正式版」に訂正しました。ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]