編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グループ各社の業務効率化と自動化を推進--インテージHDがRPA活用

NO BUDGET

2017-11-09 07:15

 インテージホールディングは現在、「RPAの活用」を重点テーマとして位置付け、グループにおける業務の効率化と自動化を進めている。RPAを活用したデジタル基盤を構築し、従業員が自律的に業務変革を行う体制作りを目指している。

 インテージグループでCRO(医薬品開発業務受託機関)サービスを展開するアスクレップは、定型作業をソフトウェアロボットで自動化する「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)の実証実験を始めた。

 データ収集・分類・集計、チェックリスト作成、メール送信という一連の業務プロセスで有効性を検証。適用範囲内において大幅な効率化が可能であることを確認した。アスクレップでは他業務についてもRPAの適用を進める。

 同じくグループ会社でマーケティング支援事業を展開するインテージへの本格導入に向けた検証も始めている。

 ロボット化する業務要件の定義、ロボット開発や導入後の運用体制の構築、技術者の育成などについては、アビームコンサルティングが支援した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]