編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

丸紅情報システムズ、ネットワークセキュリティ対策の代行サービスを開始

ZDNet Japan Staff

2017-12-15 15:02

 丸紅情報システムズは12月14日、ネットワークセキュリティ対策の代行サービス「MSYS Security Keeper」を販売開始すると発表した。基本サービスの利用料は月額7万円から。

 MSYS Security Keeperは、統合脅威管理(UTM)機器のレンタル、設置、初期設定、導入支援、導入後の設定変更、24時間体制での運用監視、オンサイト保守を基本サービスとして提供する。

 また、ファイアウォール、不正侵入検知システム(IDS)、ウイルス対策、マネージドセキュリティレポートをセキュリティオプションで用意。VPNオプションとして、拠点間VPN、セカンドHQ、VPN for Azure/NiftyCloud/Amazon VPCを提供するほか、ホットスタンバイ・マルチホーミングといった冗長化オプションもある。

 丸紅情報システムズによると、近年のネットワークセキュリティ対策において、簡易なセキュリティ機能はUTMへの統合が進んでいる。国内セキュリティサービス市場では、標的型サイバー攻撃への対策需要によってUTMや不正侵入検知/防御システム(IDS/IPS)製品の導入や構築、監視などのニーズが高まっている。MSYS Security Keeperは、UTMの運用や監視サービスも含め、ワンストップで企業のニーズに応える。今後3年間で3億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]