ハードから読み解くITトレンド放談

AIや仮想通貨ブームで沸き立つGPU(後編)--NVIDIAに追従するAMDとIntel

山本雅史 2018年03月05日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (前編はこちら

GPUにおけるAMDとIntelの動き

 GPUでNIVIDAと市場を分け合うAMDは、人工知能(AI)向けに「Radeon Instinct」という製品をリリースし、現在のRedeon Instinctには、「Vega10」アーキテクチャを採用している。

 AMDは、NVIDIAの「CUDA」と同じようなソフトウェアライブラリや開発ツール群 の「ROCm(Radeon Open Compute)」を用意し、ROCmには、コンパイラのLLVMやOpenCL、HIP(Heterogeneous Compute Interface for Portability)などのツールがある。これらのツール上でGoogleの「TensorFlow」やFacebookの「Caffe2」などのAI処理フレームワークがサポートされており、AMDのVega10を利用できる。

 ただ、NVIDIAに比べると、多くのユーザーがVega10を利用しているとは言い難い。オープンソースで開発しているが、ユーザー数が少ないためか、さまざまなウェブサイトからソフトウェアをダウンロードする必要があるため、セットアップも面倒だ。また、NVIDIAの「Tesla V100」は、AI処理を高速化するためにアーキテクチャをチューニングしているが、AMDのVega10はグラフィック用途が中心となっている。

 AI処理という点からいえば、現状ではNVIDIAがライバルの二、三歩先を行っている状況だ。多くのパブリッククラウドでも、GPUを使用したAIサービスではNVIDIAのGPUを使用しているところが多い。例えば、Amazon Web Services(AWS)の深層学習「AMI」ではNVIDIAのTesla V100を使用している。AMDのVegaは、Google Could Platformの一部サービスで使用されている。


AMDは、AI分野でオープンソースのソフトウェアツール群「ROCm」を提供している(ROCmのウェブサイトより)

ROCmはコンパイラだけでなくAIに関するツールもまとめて提供している

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算