編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
ハードから読み解くITトレンド放談

AIや仮想通貨ブームで沸き立つGPU(後編)--NVIDIAに追従するAMDとIntel

山本雅史

2018-03-05 06:00

 (前編はこちら

GPUにおけるAMDとIntelの動き

 GPUでNIVIDAと市場を分け合うAMDは、人工知能(AI)向けに「Radeon Instinct」という製品をリリースし、現在のRedeon Instinctには、「Vega10」アーキテクチャを採用している。

 AMDは、NVIDIAの「CUDA」と同じようなソフトウェアライブラリや開発ツール群 の「ROCm(Radeon Open Compute)」を用意し、ROCmには、コンパイラのLLVMやOpenCL、HIP(Heterogeneous Compute Interface for Portability)などのツールがある。これらのツール上でGoogleの「TensorFlow」やFacebookの「Caffe2」などのAI処理フレームワークがサポートされており、AMDのVega10を利用できる。

 ただ、NVIDIAに比べると、多くのユーザーがVega10を利用しているとは言い難い。オープンソースで開発しているが、ユーザー数が少ないためか、さまざまなウェブサイトからソフトウェアをダウンロードする必要があるため、セットアップも面倒だ。また、NVIDIAの「Tesla V100」は、AI処理を高速化するためにアーキテクチャをチューニングしているが、AMDのVega10はグラフィック用途が中心となっている。

 AI処理という点からいえば、現状ではNVIDIAがライバルの二、三歩先を行っている状況だ。多くのパブリッククラウドでも、GPUを使用したAIサービスではNVIDIAのGPUを使用しているところが多い。例えば、Amazon Web Services(AWS)の深層学習「AMI」ではNVIDIAのTesla V100を使用している。AMDのVegaは、Google Could Platformの一部サービスで使用されている。


AMDは、AI分野でオープンソースのソフトウェアツール群「ROCm」を提供している(ROCmのウェブサイトより)

ROCmはコンパイラだけでなくAIに関するツールもまとめて提供している

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]