編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ペガラ、初心者向けにディープラーニングのクラウドサービス

NO BUDGET

2018-03-05 06:00

 ペガラジャパンは3月1日、AMD製のGPUベースのディープラーニング機能を同社のクラウドサービス「GPU EATER」で開始すると発表した。第2弾ではNVIDIA製GPUを搭載した予測・推論および初心者向けの低価格なクラウドサービスを4月1日に開始するとしている。

 4月1日開始の新サービスは、提供価格を初期費用不要なしの月額7500円程度にする予定。NVIDIA製GPUのQuadro P400、P1000、P4000の3種類から選択でき、OSはUbuntuまたはCentOS、SSDを搭載したインスタンスとなる。

 同社の実施検証では、画像認識や物体認識におけるディープラーニングの予測・推論では、GPUがボトルネックとなることは少なく、CPUやウェブAPIの実装がボトルネックとなりやすいことが判明したという。

 そのため、多くの場合、高価なCPUとGPUを多く搭載するマシンよりも、中程度のCPUと低スペックのGPUを組み合わせたマシンを複数台利用することで費用対効果を高めることが可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]