編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「IBM Machine Learning」発表--プライベートクラウドで機械学習を支援

ZDNet Japan Staff

2017-02-16 13:28

 IBMは米国時間2月15日、コグニティブプラットフォーム「IBM Machine Learning」を発表した。IBM Machine Learningを利用することで、プライベートクラウドで継続的に分析モデルの作成、トレーニング、実装を自動化することが可能になり、データサイエンティストが数日あるいは数週間かけて開発、テスト、再調整することのある作業を効率化できるという。IBMは、「IBM Watson」の中核的な機械学習技術を使って、まず世界の企業データの多くが存在する「z System」メインフレームでこれを利用できるようにするとしている。

 IBM Machine Learningは、Scala、Java、Pythonなどあらゆる言語をサポートし、「Apache SparkML」「TensorFlow」「H2O」などの機械学習フレームワークに対応する。

 「機械学習と深層学習はアナリティクスにおける新しい分野であり、こうしたテクノロジは、世界のクリティカルなシステムやクラウドサービスなどの規模で、洞察を得る作業を自動化するためのベースとなる」とIBMのアナリティクス担当ゼネラルマネージャーRob Thomas氏は述べている。IBM Machine Learningにより、Watsonの中核的なテクノロジを活用して、企業のデータの多くが存在する場への機械学習の採用を加速できるとしている。

 IBM Machine Learningは、小売や金融、ヘルスケアなどの業界で、流動的な問題に対応するのを支援できるという。例えば小売の場合、売上予測システムに直近の市場トレンドを取り入れる必要があり、リアルタイムでのパーソナライズを実現するために、起こったばかりの出来事を考慮しなければならない。

 IBMによると、IBM Machine Learningはまず「z/OS」で利用できるようになり、「IBM POWER Systems」などほかのプラットフォームにも展開する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]