アドビ、「Flash Player」「Connect」「Dreamweaver CC」の脆弱性を修正

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-15 10:31

 Adobeが複数の深刻な脆弱性を修正するパッチをリリースした。これらの脆弱性はリモートコード実行や情報漏えい、ファイル削除につながるおそれがある。

 同社が米国時間3月13日に公開したセキュリティアドバイザリによると、これらの脆弱性は「Adobe Flash Player」「Adobe Connect」「Adobe Dreamweaver CC」に影響を及ぼすという。

 Flashに関連する2つの脆弱性、具体的には、解放済みメモリ使用の脆弱性(「CVE-2018-4919」)と型の混同の脆弱性(「CVE-2018-4920」)は、「Windows」「Macintosh」、Linux、および「Chrome OS」プラットフォームでバージョン28.0.0.161以前の「Adobe Flash Player」に影響を及ぼす深刻な脆弱性である。

 Adobeによると、その脆弱性を悪用されると、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードが実行されるおそれがあるという。

 Qualysのプロダクトマネジメント担当ディレクターのJimmy Graham氏は、「このパッチは2つの深刻な脆弱性を修正する。ワークステーションタイプのデバイスでは、優先的に適用されるべきだ。現在、これらの脆弱性に対するアクティブな攻撃は確認されていない」と述べた。

 AdobeはAdobe Connectの2つの脆弱性にも対処した。1つめの脆弱性「CVE-2018-4923」はOSコマンドインジェクションの脆弱性で、悪用されると、任意のファイル削除が可能になるおそれがある。2つめの脆弱性「CVE-2018-4921」はSWFファイルの無制限のアップロードを引き起こすおそれがある。

 最後の脆弱性「CVE-2018-4924」はAdobe Dreamweaver CCの深刻なOSコマンドインジェクション脆弱性だ。悪用されると、任意のコード実行が可能になる。

 Adobeは、これらの脆弱性を報告したQihoo 360 Vulcan TeamのYuki Chen氏らに謝意を表した。

 同社はユーザーに対して、すぐにソフトウェアバージョンをアップデートし、保護された状態を維持することを推奨している。

 2月には、「Adobe Acrobat」と「Adobe Reader」に存在した計41件の脆弱性に対処している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]