編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、AI使ってデータ通信の特徴からサービスを自動分類--NICTと共同実証

NO BUDGET

2018-03-29 17:11

 NECは3月28日、ネットワークを流れる通信データを人工知能(AI)で分析し、その特徴からサービスを自動で分類することに成功したと発表した。

 2月に行われた実証実験では、沖縄ー大阪、沖縄ー札幌、沖縄ー東京間でやり取りされる(1)沖縄プロ野球キャンプの放送用映像データ、(2)IPカメラからの映像データ、(3)ウェブブラウジングなどの生活トラフィック――という3つの異なるサービスの通信データを教師データとした。ネットワークリソースの最適な割り当てを実現するソリューション「Context-aware Service Controller」にデータを入力し、それぞれのデータ通信の特徴を学習させた。学習後のモデルに各拠点からの通信データを入力すると、その特徴からどのサービスかを自動で分類することに成功した。

 今回の実験は、情報通信研究機構(NICT)と共同で実施した。NICTの有する研究開発用のテストベッドネットワーク「JGN」および広域SDNテストベッド「RISE」、キーサイト・テクノロジーの提供する「ネットワークパケットブローカー」を活用している。

 NECは、今回の実証結果をベースに、Context-aware Service Controllerやネットワーク仮想化ソリューションなどの通信事業者向けソリューションを国内外に拡販していく。これにより、SDN/NFV(ネットワーク機能の仮想化)適用を推進し、通信事業者の高度な通信サービスの実現に貢献していく。

実証実験の概要
実証実験の概要(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]