NECのIaaS、米セキュリティ基準「NIST SP800-171」に対応完了

NO BUDGET

2018-03-26 06:00

 NECは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」が米国国立標準技術研究所(NIST)の定めるセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」に対応を完了したと発表した。

 NIST SP800-171は、2015年6月にNISTが発行した米国連邦政府機関外の組織および情報システムに対するセキュリティ対策基準。NECはNEC Cloud IaaSについて独立監査人の評価を受け、米国公認会計士協会が定めた受託業務にかかわるセキュリティや可用性に関する内部統制保証報告書「SOC2保証報告書」を4月に受領する予定だ。

 合わせてNECは、NIST SP800-171への対応状況の可視化と対応策を策定するコンサルティングサービスを4月から提供する。


コンサルティングサービスのイメージ

 同サービスは、NIST SP800-171のセキュリティ要求事項に基づいて、ユーザーのシステムの対応状況の分析、課題の抽出、対応方針の検討、改善・対応計画の策定を支援するもの。NIST SP800-171への対応に向けたロードマップを策定し、対策に必要となるプロセス整備やセキュリティ強化策の適用までを提供する。

 利用価格(税別)は、3カ月当たり1000万円から。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]