新薬開発でAI活用の英スタートアップ、約124億円を調達

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年04月20日 14時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国を拠点とするスタートアップのBenevolentAIが人工知能(AI)の力を利用した新薬開発に取り組んでいる。同社はこのほど、1億1500万ドル(約124億円)の資金を調達した。

 BenevolentAIが現地時間4月19日に発表したところによると、同社は今回、資金調達前の企業価値を20億ドル(約2150億円)として、新規の投資家と既存の投資家の両方から資金を調達したという。

 Crunchbaseによると、今回の資金調達により、2013年に創業されたBenevolentAIのこれまでの調達額は2億200万ドル(約217億円)に達した。

 BenevolentAIによると、今回の資金調達ラウンドはAI製薬分野において、これまでで最も大規模なものの1つだという。この業界がまだ初期の段階にあり、けん引するテクノロジが比較的新しいものであることを考えると、それは意外なことではない。

 AIを利用すれば、新薬開発のコストを下げることができる、とBenevolentAIは述べる。具体的には、機械学習(ML)を利用して、候補薬を迅速かつ大規模に生成することができるという。

 AIが疾患プロセスを分子レベルで分析することで、患者に適切な治療薬を確実に提供できるようになるとも期待されている。これは、効能と即効性に優れ、よりパーソナライズされた医薬品への道を開く。

 BenevolentAIが開発した機械学習システムは500億件を超える医療データを分析し、疾患の原因に関する洞察を導き出した。

 同社の技術は現在、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、膠芽腫、サルコペニアなどの治療薬開発で使用されている。


提供:File Photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算