編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Drupalが再び臨時アップデートを予告、攻撃発生の予想も

ZDNet Japan Staff

2018-04-25 11:19

 オープンソースのコンテンツ管理ソフトウェア「Drupal」で再び臨時のセキュリティアップデートが予告された。リリースは世界協定時間で4月25日午後4~6時(日本時間26日午前1~3時)の間に行うとしている。

 Drupalでは、リモートコード実行につながる深刻な脆弱性「Drupalgeddon 2.0(CVE-2018-7600)」が発見され、3月下旬に臨時のセキュリティアップデートがリリースされたばかり。開発元によれば、今回のリリースは3月のアップデートをフォローアップするもので、Drupal 7.xと8.4.xおよび8.5.x向けに提供される。

 また、これに併せてDrupal 7に存在するという別の脆弱性(CVE-2018-7602)に対処するためのパッチを8.6.xも含めリリースすると説明している。

 3月のセキュリティアップデートでは、事前に脆弱性悪用攻撃が短時間で発生する可能性が予想された。実際に、アップデートのリリース後の4月12日に脆弱性を悪用できる概念実証コードが一般公開され、脆弱なシステムを探索する攻撃や、マルウェア感染を試みる攻撃が観測されている。

 開発元は今回の事前通知でも攻撃が発生する可能性があると指摘し、ユーザーに早期対応するための準備を呼び掛けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]