編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、パートナー経由のGCP専用線接続を日本でも開始

ZDNet Japan Staff

2018-04-25 16:23

 グーグルは4月25日、パートナー経由によるGoogle Cloud Platform(GCP)への専用線接続サービス「Partner Interconnect」の提供を国内でも開始すると発表した。これを受けてKDDIとソフトバンク、アット東京がそれぞれに接続サービスの概要を明らかにした。

 Partner Interconnectは、通信事業者などのパートナー回線を経由してユーザーの最寄りのGCPリージョンに、50Mbps~10Gbpsの帯域幅で専用線接続を行うサービス。GCPへのプライベート接続では、この他にIP-Sec VPN接続による「Cloud VPN」や、直接的な物理接続による「Dedicated Interconnect」などがある。

 KDDIは、4月27日から広域イントラネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」で、複数ルートによる冗長構成でのGCPへの閉域接続を開始する。ソフトバンクは「ダイレクトアクセス for GCI-Partner」の名称で、5月1日からベータ版サービスという位置付けで開始する予定。アット東京では、中央センターおよび中央第2センターの2カ所からGCPに閉域接続するサービスを近日中に開始するとしている。

 グーグルによれば、3社のほか、NTTコミュニケーションズと野村総合研究所もPartner Interconnectに対応する予定だという。


Partner Interconnect対応事業者(出典:グーグル)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]