編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

グーグル、GCPへの専用線接続サービス「Dedicated Interconnect」発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-11 11:20

 Googleは米国時間9月7日、企業と「Google Cloud Platform」(GCP)を専用線によって接続する新サービス「Dedicated Interconnect」を発表した

 これにより、企業ネットワークがGoogleのサポートしているコロケーション施設のエリア内で物理的に接続できる場合、ハイブリッドクラウド配備の一環として企業のデータセンターネットワークを「Google Cloud」にまで拡張できるようになる。Googleは既に世界中の複数の箇所にDedicated Interconnect用のロケーションを用意しており、「近いうちにさらに増設していく」ことを約束している。なお、いったん接続された暁には、企業はプライベートなファイバーネットワークを通じてすべてのGCPリージョンにアクセスできるようになる。

Google Dedicated Interconnect
提供:Google

 同社は、Dedicated Interconnectによってスループットの向上がもたらされるだけでなく、ネットワークコストの削減も可能になると述べている。大規模な、あるいは即時性が要求されるデータセットを扱う企業はDedicated Interconnectを用いることで、データのルーティングをより適切に制御できるようになる。

 Dedicated Interconnectは現在ベータ版が提供されており、顧客は「Cloud Console」から10ギガビット/秒単位で1〜8のサーキットを選択するようになっている。このレベルの容量を必要としない顧客は「Google Cloud VPN」を検討すべきだとGoogleは述べている。

 なおGoogleは、Dedicated Interconnectを展開するにあたり、以前は「Interconnect」と呼んでいた製品の名称を「Carrier Peering」に改めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]