AWSの専用線接続サービス、東京リージョンからも提供--スループット向上へ

田中好伸 (編集部)

2012-01-12 14:29

 Amazon Web Servicesは1月12日、専用線接続サービス「AWS Direct Connect」が東京リージョンでも利用可能になったことを発表した。これまで米国の東海岸と西海岸だけだったが、今回は東京のほかにロンドン、シンガポール、ロサンゼルスで利用できるようになっている。

 Direct ConnectはAWSと企業内のシステムを、インターネットを経由することなく専用線で接続させるサービス。ネットワーク帯域のスループットが上がり、ネットワーク遅延とコストが削減され、ネット経由よりも安定するというメリットがあるとしている。国内では米データセンター大手Equinixの日本法人エクイニクス・ジャパンのデータセンターで提供する。

 たとえば、企業間で音楽や映像のマスタデータをやり取りする場合、AWSとオンプレミスの環境の間で大規模データのやり取りが頻発する場合など、ネットワークパフォーマンスが重要とされる局面で、その特長を生かせると説明している。専用線接続であることから、NASやSANなどユーザー企業の既存投資を生かしつつ、AWS上のクラウドを活用した拡張が可能になるとしている。

 データセンターやオフィス、コロケーションなどユーザー企業のオンプレミス環境とAWSとの間にネットワークを構築して、Direct Connectを利用できるのを支援する「AWS Direct Connectソリューションプロバイダー」も増えているという。日本国内では、NTTコミュニケーションズ、KVH、ソフトバンクテレコム、野村総合研究所が認められている。

 東京リージョンでは、2011年8月に「Amazon Virtual Private Cloud(VPC)」の提供を開始。VPCは、AWSの中に専用のプライベート領域を割り当て、ユーザー企業は割り当てられた仮想ネットワーク領域内でAWSのリソースを活用して、IPアドレスレンジの選定、サブネットの作成、ルートテーブルやネットワークゲートウェイの構成など、各種の定義付けと管理を行える。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]