編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

国内PaaS/IaaS市場:前年の3倍に--後発の富士通がトップシェア獲得

田中好伸 (編集部)

2011-10-27 19:13

 アイ・ティ・アール(ITR)の調べによると、国内のPaaS/IaaS市場は2010年度に前年の3倍となる280億円になったという。本格的に市場に参入するベンダーが増えたことが背景にあるとしている。

 ベンダーシェアを見ると、2009年度と大きく様変わりしているという。トップに位置していたセールスフォース・ドットコム、2位のIBMとAmazon Web Servicesはそれぞれ2010年度も売り上げを大きく伸ばしている。

 だが、遅れて2010年度から市場に参入した富士通が2位以降の倍以上の売り上げを達成したことで、シェアも2倍強の17.9%を獲得したとしている。富士通はサービスメニューの豊富さから海外展開している大手既存ユーザーを中心に急速に導入が進んだことが、その要因と分析している。

図 国内PaaS/IaaS市場ベンダーシェア(2010年度、金額ベース。出典:『ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2011』)

 ITRのシニア・アナリストである甲元宏明氏は、「2010年度までは国内ユーザー企業のPaaS/IaaS利用は、バックオフィス系が多かった」と説明。「2011年度以降は、ビジネスの最前線の用途で活用している企業が増加している。ビジネス価値の高い用途でPaaS/IaaSが浸透しつつあり、今後このような用途がますます加速する」と予測している。2011年度の市場は前年比で倍増するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]