継続的イノベーションで「世界一の顧客志向」目指す--Amazon Web Services(前編)

聞き手・構成=田中好伸 (編集部) 文=吉澤亨史 2011年07月18日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Salesforce.comと並んでIaaS/PaaSの先駆者と言えるAmazon Web Services(AWS)。同社が提供するIaaS「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」やストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」は個人はもとより企業でも活用されている。

 AWSはどのようにしてサービスを生み出しているのか、どんなことを狙っているのか――。AWSの経営に携わり、親会社のAmazon.comで最高技術責任者(CTO)を務めるWerner Vogels氏に話を聞いた。

Oracle DB対応は顧客への要望から

――Amazon.comのCTOという職務について聞かせてください。

 わたしはCTOとしてAmazon.comに入社しました。着任以来、可用性や拡張性、サービスの性能、効率といった課題への取り組みの水準を向上させるために、さまざまなテクノロジを開発しています。

 Amazon.comは設立当初からテクノロジカンパニーで、それは現在も変わりません。しかし、AWSをはじめ社内でだけ使っていたテクノロジを社外にも提供するようになったことから、CTOの役割も変わりました。社内の仕事に加え、テクノロジを外に向けて提供していく役割も果たす、いわば「対外的テクノロジスト」ともなったのです。顧客との接点でもあり、非常に重要な役割だと思っています。

 具体的には、顧客がどのような課題を抱えているのか、またAmazon.comのテクノロジを使う上でどういう課題があるのかを知り、それらを解決していくためにテクノロジそのものを継続的に改善していく責任をCTOは担っています。どの企業でも同じだとは思いますが、「世界一の顧客志向の会社」になりたいと思っているAmazon.comにとっては、なおさら重要なことです。

AWSの主な動向(1)
内容
2006 3 Amazon Simple Storage Service(S3)を提供
7 Amazon Simple Queue Service(SQS)を提供
8 Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)を提供
200710 Amazon EC2でラージとエクストララージを提供
11Amazon S3を欧州で提供
Amazon EC2上でRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を提供
12 Amazon SimpleDBを提供
2008 3Amazon EC2用にElastic IPアドレスを構築
4AWS Premium Supportを提供、Service Health Dashboardを提供
5Amazon EC2上でOpenSolarisとMySQL Enterpriseを提供
6Amazon EC2上でJBossが発表
7Amazon SimpleDBでQuery Sortがリリース
8Amazon Elastic Block Storeを提供
Amazon SimpleDBでQuery With Attributesがリリース
9AWS向けにOracle製品のライセンスが提供
10Amazon EC2でWindows Serverをサポート
11AWS向けのForce.com ToolkitがSalesforce.comから発表
CapgeminiがCloud Computing Center of Excellenceを発表
Amazon CloudFrontを提供
12Public Data Sets on AWSを提供
Amazon EC2が大西洋をわたる

 特に対外的テクノロジストとしては多くの顧客が直面している問題からそれらを包含する規則性を見つけ出すことが重要です。そして、顧客が抱えている技術的な課題を素早く深いレベルで把握して、それをクラウドでどのように改善していけるかに取り組んでいきます。

 わたしは顧客の声を代表する立場ですが、会社の方向性まで決めているわけではありません。よりよい仕事にしていくために、AWSはすべてチームワークで決めているのです。個々のサービスについても同様で、その方向性もチームワークで定めていきます。もちろん顧客の声をフィードバックすることは重要です。

 たとえば5月26日からリレーショナルデータベース(RDB)サービス「Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)」が「Oracle Database」に対応していますが、これも顧客の要望に対応したものです。Amazon RDSの提供を始めたときから複数のDBに対応させることは決まっていました。でも、そのタイミングや優先順位を決める上では顧客の声を参考にしています。

 RDBエンジンのサポートは「MySQL」に続く第2弾となります。最初にMySQLに対応したのは、「WordPress」や「Ruby on Rails」など多くのオープンソースソフトウェアがMySQLに対応していたためです。これは正解だったと思っています。いち早く提供することで、顧客に経験を積んでいただくことができたからです。

 また、AWSだけでなく当社のパートナー企業も顧客の声に耳を傾けています。OracleやSAPといったパートナー企業がAWS上ですべてのソフトウェアのサポートを認定していることも顧客からの声に応じたもので、多く利用されているスイート製品もサポートしています。たとえば「Oracle E-Business Suite」や「SAP BusinessObjects」などに代表されるソフトウェアが(AWS上で)広範に使われているのです。

ハードウェアは自社で設計

――AWSはPaaSのフロントランナーだと思います。その一方で、force.com、VMforce、Google App Engine、Windows Azureなども台頭しています。その上でAWSの技術的な優位性は何でしょうか?

 AWSは顧客志向で活動していますので、競合他社が何をしているかよく分かりません(笑)。それだけに自社サービスの強みや特徴は把握しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]