編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ソニーエンジニアリング、AWSのサーバーレス構成でサービス基盤を構築

NO BUDGET

2018-05-01 07:20

 ソニーエンジニアリングは、オンライン録音スタジオアプリ「Jam Studio」のITインフラにAmazon Web Services(AWS)のクラウド基盤を採用した。サーバレスアーキテクチャで構築した。サーバーワークスが4月25日に発表した。

 Jam Studioは、iPhoneなどで録音した演奏や歌をソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に投稿しながらユーザー同士が交流するもの。2017年11月にアプリを提供開始。他ユーザーの演奏にコメントを付けたり、自分の演奏を他の演奏に重ねたりすることができ、同じ時間や場所に集まることなく音楽を通じたコミュニケーションが可能。

 アプリケーション部分はソニーエンジニアリングの内製、インフラ部分はサーバーワークスという体制で開発が開始された。サーバ側の処理はサーバレスサービス「AWS Lambda」とAPI管理サービス「Amazon API Gateway」を組み合わせ、データベースには「Amazon DynamoDB」を選択、ID管理には「Amazon Cognito」を活用している。

インフラ構成図
インフラ構成図(出典:サーバーワークス)

 ソニーエンジニアリングでは、仮想サーバ「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」などを多数立ち上げることで、OSやその他のミドルウェアの運用管理に手間取ることを回避したいというニーズがあった。また、APIベースのサーバーレスの仕組みでのセキュリティや性能の確保も課題となっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]