編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

沖縄科学技術大学院大学、マネージドSIEMでセキュリティ対応を強化

NO BUDGET

2018-06-11 12:29

 沖縄科学技術大学院大学は、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)サービス「IBM QRadar on Cloud」と、セキュリティイベント・ログ分析ツール「IBM QRadar Advisor with Watson」を導入した。日本IBMが6月7日に発表した。

 同大学では、約300台のサーバのログを監視対象としている。従来、SIEM製品を大学内で稼働していたがシステムやログの拡大に伴い運用の負荷が大きくなっていた。

 今回、マネージドサービスのQRadar on Cloudを利用することで運用の負荷が軽減され、サイバー脅威の分析に集中できるようになった。また、QRadar Advisor with Watsonを用いてサイバー脅威の一次判断をシステム化した。内部関係者による脅威を可視化する「IBM QRadar User Behavior Analytics」も利用する。これによってインシデントへの初動時間を大幅に短縮するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]