編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ソフトバンク、ストレージ企業Cohesityへの投資を主導--約280億円

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-12 08:35

 ハイパーコンバージド型セカンダリストレージシステムを提供するCohesityは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが率いる資金調達ラウンドで2億5000万ドル(約280億円)を調達したと発表した。

Cohesity

 このシリーズD資金調達ラウンドにより、Cohesityがこれまでに調達した資金は総額4億1000万ドル(約450億円)に達した。Cisco InvestmentsやHewlett Packard Enterprise(HPE)なども今回のラウンドで投資している。

 Cohesityは、大規模クラウドプロバイダーによって提供される、さまざまな規模とアーキテクチャを持つパブリッククラウドとプライベートクラウドの橋渡しを目的としたセカンダリストレージを主に手掛けている。Cohesityは、サイロ化しているデータのバックアップを橋渡しするために、保護、クラウド統合、仮想マシンのためのプラットフォームを提供している。ユースケースとしては、「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud」との連携のほか、スケールアウトストレージ、バックアップ、コンプライアンスなどがある。

 同社は、この半年間で200を超える新規法人顧客を獲得し、世界的な事業拡大を計画している。HPEは、Cohesityのプラットフォームを基盤とするスイートを提供している。

 Cohesityの最高経営責任者(CEO)を務めるのは、Nutanixの共同創業者でもあるMohit Aron氏。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]